所在地

幕張西スポーツクラブ事務局
メール:maws06@aa.cyberhome.ne.jp

  • Facebook
  • Pinterest

このホームページに記載されている文章・画像などの無断転写、使用はお断りします。

検索
  • kaimakupeople

元気人間が集合した「第7回M@WSふれあい祭り」


元気人間が集合した「第7回M@WSふれあい祭り」 « MawsWeb

10月28日、幕張西地区にすっかり浸透した「NPO法人 幕張西スポーツクラブ」(M@WS)の年一回のイベント「ふれあい祭り」が、幕張西小学校に延べ1000人の来場者を迎え開催されました。和太鼓の演奏に聞きほれ、‘地産地消’の新鮮野菜を買い、食べ物の「出店」でおなかを満たし、体育館での空手、フラダンス、太極拳などの演技を楽しみ、校庭でのグラウンドゴルフ、ペタンク、輪投げなどで遊びあった‘元気人間集合’のお祭りとなりました。

‘午後から雨’の予報に「それじゃぁ早く用意すればいいじゃん」と、「しもだ農産直売所」以下、「出店」の準備は万端整って定刻9時に開会式です。来場者の目に新しく作った「幕張西スポーツクラブ」の黄色の横断幕が目に沁みます。

 結城・M@WS理事長は、参加された全ての関係者の‘お祭り成功に向けた努力’に感謝するとともに「誕生して6年、試行錯誤しながらも着実に前進してきたM@WSは、ひとりひとりの地域の皆さんのものです。これからもみんなで作り上げていきましょう」と力強く呼びかけました。

 続いて来賓の堀内・連協会長、萩原・県体協クラブ育成アドバイザー、中島・幕張西小学校校長、溝端・スポーツ振興会会長、泉水・青少年育成委員会会長の皆さんから、それぞれM@WSへの期待と激励の挨拶がありました。どなたも「ふれあい祭りは楽しみ」「一緒に盛り上げていこう」と共通の事柄を述べられたのが印象的でした。

習志野市袖ヶ浦地区で活動する「そでっ鼓連」の和太鼓の響きとともにイベントはスタートです。法被を着込んだ小さなお友達による大きな音の演奏には大拍手でした。開店した「しもだ農産直売所」前には、あっと言う間に奥様達の行列が出来上がり、文字通り途切れることがありません。野菜・果物など25種類の品物は「新鮮で安いわょ」と評判で、「どうやって持ち帰るんだろう?」と心配するほど沢山買われた方も…。

 「出店」はバスケット、バレーボール、少年野球、ヨガ、グラウンドゴルフ、皮バレー、など各クラブからの食べ物や飲み物、フリーマーケットそしてお馴染み「八坂園」さんのお花の販売と年々展示・即売品の種類も豊富になっています。

 校庭ではペタンクに、「テニス親子教室」に参加の小学生諸君が集まりました。「テニスとどっちが面白い?」の意地悪な質問に「どっちも…」。ペーバークラフトコーナーは今年は大繁盛の模様です。新登場のガリガリプロペラで遊んだり、傘袋ロケットを‘エイヤ~’と投げる豆粒ちゃん―。輪投げには演技を終えた「そでっ鼓連」のお友達も参加してくれました。

 「こんちわ」。本部のテントに、子供達の種目‘みんなで遊ぼう’に小学生の時から参加し、今は高校3年生とすっかり大人になった内藤君が顔を見せてくれました。子供達の成長を実感できるのも、M@WSで得られる財産です。

 体育館では「幕張西空手クラブ」による空手演武からスタートです。毎年参加してくれますが、演技が開始するとピシッと引き締まった表情になるお友達の顔つきに、見守る観客も‘シーン’、小学生の「板割り」には熱烈拍手でした。

 続いて、地元幕張公民館で練習するフラダンス「フラ ロケラニ」(天国の薔薇)が舞台上で練習の成果を見せてくれました。小学生7人とお母さん、そのまたお母さん3世代が優雅な踊りを披露、ニコニコしながら踊るお嬢さんたちがなんとも愛らしさ発揮でした。

 館内の「トリ」は、連功と太極拳の演技です。M@WSの種目にも含まれ、日頃練習を積んだ皆さんが、‘飛び入り参加’の方たちも含めて成果を見せてくれました。

 11時、残念ながら少し雨が落ちてきました。でも、子供達の「グラウンドゴルフニアピン大会」は、雨に負けずに‘カキ~ン’。優勝した9歳の優介君、賞品に優勝の文字を見つけ「僕の名前の優の字が入ってる」と鼻高々。

 最後を飾る大人の「グラウンドゴルフニアピン大会」は、男女の対決になると殆ど女性が勝利という結果で、今年も‘男性復権’にはなりませんでした。

 正午過ぎには「出店」を含め、後始末の開始となりました。「しもだ農産直売所」のお姉さんに「売れ行きはいかがでしたか?」と聞くと、笑顔で「完売です。むしろ大根が足りなかったと言われました」と答えてくれました。その他の「出店」も開催時間が短かった割りに売れ行きは好調だったようで、本部のテントに「ありがとうございました、いっぱい買ってもらいました」と挨拶されていました。

 当初計画より、降雨のため2時間ほど終了を繰り上げた「お祭り」でした。小学校の耐震工事開始決定が遅れたために、直前まで開催会場が決定できない難問も抱えた今回の「お祭り」でもありました。でも関係者のみなさんの奮闘で、予定のイベント全てを消化でき、‘来年はもっと人を集めて、もっと中味を充実させようね’と来年に希望を繋げる‘ひとりひとりが元気で頑張って、そしてふれあった’「第7回M@WSふれあい祭り」でした。   (渡邉 記)

2012年10月29日|投稿者:スタッフ|



5回の閲覧