所在地

幕張西スポーツクラブ事務局
メール:maws06@aa.cyberhome.ne.jp

  • Facebook
  • Pinterest

このホームページに記載されている文章・画像などの無断転写、使用はお断りします。

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

「マナーキッズテニス教室」開催

May 12, 2010

元気良くテニス、しっかりと挨拶「マナーキッズテニス教室」を開催しました

   NPO幕張西スポーツクラブ(M@WS)主催の「マナーキッズテニス教室」が、マナーキッズテニスプロジェクト支援、千葉市教育委員会・千葉市テニス協会後援で、5月8日午前10時から幕張西小学校体育館で開催されました。子供達に体力向上と挨拶・礼儀の基本を学ばせ、スポーツマンシップを習得させることを目的とした「マナーキッズテニス教室」には、幕張西小学校40人の小学生が参加、体育館内は飛び跳ねる汗と元気な挨拶の声でいっぱいとなりました。

 

 「教室」開始前、子供達の相手をしてくれる幕張西テニス協議会の‘アスリートプレーヤー’の皆さんと、今日の講習の全体指導をされるマナーキッズプロジェクトの田中理事長との打ち合わせが行われます。‘キッズテニス’の前に‘マナー’の‘冠’がつけられ、「体育」と同時に「徳育・知育」を身につけ、バランスよい子供を育てることが「教室開催の意義」と、田中さんから聞きながら「よっしゃ、大変だけど頑張ろう」と協議会の皆さんは気合を入れて「開校式」開会です。

   結城M@WS理事長から開会の挨拶、マナーキッズプロジェクト・田中理事長からは‘テニスをしながら礼儀・挨拶を学ぶ’ことが教室開催の趣旨との説明を受けました。

 とりわけ田中さんは①約束を守る②人が嫌がることはしない③話を聞くときは、話す人の目をしっかりと見る―。以上の3点がマナー向上には大切ですと子供達相手に強調され、お聞きした役員・コーチとも「もっともです」との納得顔です。

 さぁ、子供達の出番、参加40人一人づつ、大きな声で自己紹介です。

「○年○組○○です、よろしくお願いします」の挨拶は全員大きな声で出来ました。「いままで全国で四万人以上受講していますが、トップクラスの元気さです」の評価をいただきました。キチンとした姿勢と、挨拶をしてから礼をする―、等など正しい挨拶の仕方の説明もいただき、増子M@WS事務局長の指導で、小学生、お母さん達、コーチ、役員全員で準備体操をした後、館内に設営された4コートに分かれ‘実技開始’となりました。

    途中で給水タイムをとりながら、「ボレー」「ストローク」「スマッシュ」「サーブ」と各20分づつ練習は進みますが、いずれもコーチにたいして始まる前には「お願いします」、終わったときには「ありがとうございます」ときちんと挨拶します。コーチの皆さんも同様に返礼して、握手も交わすうち、子供達の顔が明るくなってくるのが分かります。

 初めてラケットを持つ子が多いわけですから、空振りは当たり前、当たってもスポンジ製のボールはとんでもない所に飛んでいくのが圧倒的で、テニス協議会の名プレーヤーの皆さんも大変です。でもラケットに当たれば「よし、当たったじゃないか」、ネットを越えれば「ナイスショット」と誉められれば、子供達もどんどん元気になり、挨拶の声も大きくなります。第1コート・1年生相手の阿南さんは、ラケットに当たるようにボールを出すことに集中してくれます。第3コート・3、4年生相手で女性コーチの石井さんは、「いいよ、上手だよ」と優しく子供たちをリード、第4コート高学年相手の山田・美藤さんは少し経験のある子供達の連続ストローク回数を増やしてあげるためにコート上を走り回って打ちやすく返してくれます。中には「20回以上連続ストローク回数が出来た〜」と喜ぶお友達が4人もいて、全員で拍手です。

 11時45分、‘実技終了’です。お礼の挨拶では、開校式に比べ断然上手になり、きちんと整列し、いっせいに元気で大きな声で「ありがとうございました」と言うことが出来ました。

 フロアーを全員で清掃し、整理体操をした後の11時55分から「閉校式」を行います。名前を呼ばれると、ひとりづつ前に出て、結城理事長から「修了証書」を受け取ります。まず礼をして、右、左の手順で証書を受け取り、「ありがとうございました」と挨拶して握手する――。大人たち皆もチョッピリ成長したひとりひとりの小学生達を、暖かい目で見守ることが出来ました。

 教室の最後には、指導のコーチとM@WS役員のひとりひとりにお礼の挨拶と握手、僅か2時間でしたが、素晴らしい経験が出来た子供達でした。ただ、今日一度きりにしたら‘元の木阿弥’になるやも知れません。今回のような取り組みが継続的に、もう少し幅広く開催できたら良いなと思わせてくれた「教室」ともなりました。

 田中理事長はじめマナーキッズプロジェクトの皆さん、幕張西テニス協議会のご協力いただいた皆さん、M@WS役員と会場においでいただいた保護者の皆さん、そして何より頑張った小学生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

(渡邉 記)

 

2010年05月12日|投稿者:スタッフ|

 

 

Please reload